fc2ブログ
2014-01-23 12:07 | カテゴリ:鮫川村焼却炉
環境省直轄事業の鮫川村の仮設焼却炉メーカーは日立造船です。
環境省が企画公募で選びました。
日立造船08

そのときの採点基準です。
日立造船01

日立造船02

そのとき提出された企画書です。(環境省へ開示請求したもの)
日立造船03

業務に対する理解度
日立造船04

残念なことに10頁はこんな感じで、全部黒塗りか、タイトルしか出てない。この企画書の素晴らしさが見れません。

そこには実績を示す添付資料が、こちらは見れました。

過去の焼却施設に関する計画、設計、施工業務の実績
日立造船05

震災混乱時に早々と着手されたこの実績となったモデル事業はこれです。
http://www.jaea.go.jp/02/press2011/p11110701/index.html

もう一つの実績資料は、続いて爆発事故があった、柏の焼却炉。
日立造船06

鮫川村爆発後の10月22日にこちら柏でも爆発事故がありました。
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/080600/p016824.html

実績は他にも。
日立造船07

さて、本当にこの選定に問題はなかったのでしょうか?
あってはならない事故が起きて、担当者は部署をはずされたらしいですが、公募で選んだ環境省、誘致した鮫川村長、誰も責任をとりません。
それどころか、再稼働する気です。

地元Kさんは不安を口にします。
「(もし再稼働されたら)爆発が無いとも言えないし、あるとも言えないが、、、あの構造ではまたやるのでは?この前は10日もったけど、今度は1日そこらで爆発するかもしれない。」と。




















スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://samegawaaono.blog.fc2.com/tb.php/5-31a7fe8b