fc2ブログ
2014-03-19 09:13 | カテゴリ:鮫川村焼却炉
鮫川村焼却炉について、環境省は説明責任も果してないし、住民の同意なんて得られてません。
地権者の一人が、どうして契約も交わしてないのに、自分の土地に焼却炉を建設できたのか?散々その理由を求めましたが、環境省は
「残念ながら地権者18名中2名の方とは契約結んでません」と認めながら、、、「違法とは考えてません」と言う。
「ではどうして建設できるの?その根拠を示してください」との問いに、回答も無く、再稼働しました。

私たちはこの施設は違法で進められた違法事業と考えてます。

国が違法で進めるとどういうことになるのか、考えてみてください。
信じられないようなことがたくさん起きてきます。

あまりにも情報がないので、しかたなく本来なら積極的に公開されるべき届出書も公開請求しました。
驚いたのは、火床面積や排ガス量等が黒塗り。
これで、どうやって安全と説明できるのでしょう?
(事実爆発しましたが、、、)

どうして排ガス量が黒塗りなのか?
環境省は企業ノウハウなので黒塗りと言うばかり。あくまでも今回の事例についてノウハウなのだと。

つまり、環境省は鮫川村やその近隣市町村に住む人々の憲法で守られるべきの「全ての人が安全で健康的で文化的な生活を営む権利」よりも企業の爆発事故起こした(爆発事故は鮫川村だけではない)日立造船の利益の方が大事ということです。

私たちの生活に直結してる事なのに、知る事さえ奪われています。

特定施設設置届書
特定01

特定02

特定03

特定04




スポンサーサイト




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://samegawaaono.blog.fc2.com/tb.php/10-fb2f8d5d